旬刊旅行新聞 編集部(公式)

旅行ニュース といえば 旬刊 旅行新聞。旅行業界専門紙「旬刊旅行新聞」の公式ブログ。皆さんが知りたい「旅行業界」「旅行ニュース」をお届けします!お得な”旅”情報も発信!

〈最新 旅行ニュース〉

「ドラゴンボール天下一武道祭 2017」 夏休みは、ドラゴンボールの世界を満喫しよう! アトラクションやフォトスポットが充実 物販コーナーや懐かしのカードダスも

2017年8月10日(木) ~27日(日) 期間限定オープン

f:id:ryoko_shimbun:20170810175436j:plain

ドラゴンボール天下一武道祭2017」が8月10日(木)~27日(日)まで、池袋・サンシャインシティで開催される。キッズから往年のファンまで楽しめるコンテンツが豊富だ。8月9日(水)に行なわれたプレス向け内覧会に訪れた。

 

 「池袋・サンシャインシティ 文化会館2階の展示ホールD」(東京都豊島区)で行われる今回のイベント。バンダイ(川口勝社長)が主催するもので、展示のほか、話題のデジタルカードゲーム「スーパードラゴンボールヒーローズ」のゲーム筐体も多く並ぶ。

f:id:ryoko_shimbun:20170810180647j:plain

会場MAP。「修業チャレンジ」や、「アトラクションゾーン」「スーパードラゴンボールヒーローズゾーン」など、体験コーナーが豊富だ。

f:id:ryoko_shimbun:20170810221120j:plain

f:id:ryoko_shimbun:20170810221207j:plain

キッズに大人気の「スーパードラゴンボールヒーローズ」の筐体が並ぶ会場。

展示&アトラクションが充実

 入り口近くにある「作品紹介・キャラクター紹介ゾーン」では、戦いの歴史とバトルシーンを紹介。壮大な世界観を再確認できる。

 続く「修業チャレンジ」では、フュージョンなどお馴染みの「修業」を体験でき、成果ごとにポイントを得ることが可能だ。6つの修業に挑戦し、最後には「修業ランク認定証」をゲットできる。家族みんなで楽しめそうだ!

f:id:ryoko_shimbun:20170810220711j:plain

なんと!!あのフュージョンにも挑戦できる。

 「ホイホイカプセル!悟空のバトルメモリー」では、実際にホイホイカプセルを大型ディスプレイに向け投げることで、懐かしのバトルを振り返ることが可能。キッズがカプセルを投げ、お父さんが思い出に浸るシーンを思わず想像した。

f:id:ryoko_shimbun:20170810204707j:plain

持つとなぜか「ワクワク」してしまう。

f:id:ryoko_shimbun:20170810204837j:plain

言わずと知れたV.S.セルのラスト?シーン。投げると見られるという、ただそれだけのことだが、それだけで十分楽しめてしまう。恐るべし「ドラゴンボール」。カプセルの色も数色ある。

 VR(仮想現実)ゲームを体験できることも魅力の1つ。「BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z 体験コーナー」では、VRゴーグルと専用コントローラーを装着して、悟空とベジータになりきって、フリーザーとサイバイマンと戦える。

 エネルギー弾を打ち、最後には「かめはめ波」や「ファイナルフラッシュ」も本気で打つことができたものの、ゴーグル外すと周りにギャラリーができていた。購入すれば自宅でできるということなので、少し恥ずかしい思いをした身としては是非購入をオススメしたい。

f:id:ryoko_shimbun:20170810210224j:plain

写真右端が体験用端末。思っている以上に、体の内側向きにエネルギー弾を撃っていた模様。サイバイマンはともかく、フリーザーを倒すにはかなりの熟練が必要だ。

f:id:ryoko_shimbun:20170810210519j:plain

没入(BotsNew)感がとにかく高い。

 ドラゴンボール超 放て!元気玉チャレンジ!」は、レトロな的当てゲーム。オフシャルの映像撮影最中だったため、写真撮影は自粛した。未就学のキッズが集まりそうなアトラクションだ。

 「造形天下一武道会〜造形戦士による造形教室」では、その名の通り、悟空らキャラクターのフィギュア製作を体験できる。製作したものは、当日持ち帰れるため、思い出作りにもピッタリだ。整理券の入手が必須なため、気になる方は是非下記写真にある時間に合わせた行動を!

f:id:ryoko_shimbun:20170810210843j:plain

f:id:ryoko_shimbun:20170810211127j:plain

造形教室のようす。

フォトスポットがいっぱいだ!

 先の会場MAPからもお分りいただけるように、フォトスポットが本当に充実している。オススメは以下の通り。

f:id:ryoko_shimbun:20170810211406j:plain

キャラクター大集合コーナーのようす。よく見ると奥にタイムカプセルが。

f:id:ryoko_shimbun:20170810212152j:plain

迫力満点のタイムカプセル。乗ってみたい!

f:id:ryoko_shimbun:20170810211538j:plain

セル編の悟空だろうか?

f:id:ryoko_shimbun:20170810211713j:plain

気さくに撮影に応じてくれた悟空。運が良ければ会えるかもしれない。

f:id:ryoko_shimbun:20170810211807j:plain

少しテイストの違う悟空には、アトラクションコーナー「修業チャレンジ」で会える。

f:id:ryoko_shimbun:20170810211854j:plain

個人的にオススメしたいのが、こちらの「カメハウス」。まったりした雰囲気が上手く再現されている。

懐かしすぎるカードダス!!

 おそらく、多くのお父さんが感動するであろうコーナーを発見!!これを見るだけでも入場料分以上の価値があると思う。

f:id:ryoko_shimbun:20170810213011j:plain

お父さん世代の誰もが夢中になったであろう「ドラゴンボールカードダス」。累計販売枚数20億枚とは圧巻だ!

f:id:ryoko_shimbun:20170810213436j:plain

f:id:ryoko_shimbun:20170810213513j:plain

 

f:id:ryoko_shimbun:20170810213623j:plain

初期のキャラクターカードたち。皆一度は所有したことがあるのでは? 

f:id:ryoko_shimbun:20170810213933j:plain

 

f:id:ryoko_shimbun:20170810213759j:plain

通称「キラカード」と呼ばれたレアカードも。

f:id:ryoko_shimbun:20170810214214j:plain

f:id:ryoko_shimbun:20170810214254j:plain

会場では、記念商品を購入できる。「ドラゴンボール×ドラゴンボールZ Ver.」と、「ドラゴンボールGT×ドラゴンボール超 Ver.」の2種類が、各々1,200円(6枚入り)での販売だ。

イベント詳細

会期:2017年8月10日(木)〜8月27日(日)会期中無休
時間:午前10:00〜午後5: 30 (最終入場 午後5:00)
会場:池袋・サンシャインシティ 文化会館ビル 2F 展示ホール D(東京都豊島区東池袋 3-1)
入場料:
【当日券】1,200 円/大人(中学生以上)、900 円/子供(3歳〜小学生)
(3歳未満は無料で入場可能、前売券は販売終了)

budosai.com

フォトギャラリー

f:id:ryoko_shimbun:20170810215845j:plain

不敵な笑みを浮かべるベジータ

f:id:ryoko_shimbun:20170810220024j:plain

完全体のセル。

f:id:ryoko_shimbun:20170810220136j:plain

最終形態のフリーザ

f:id:ryoko_shimbun:20170810221355j:plain

ぜひ会場に訪れ、間近ならではの迫力を体感してほしい。

f:id:ryoko_shimbun:20170810221604j:plain

スカウターも購入可能な物販コーナー。隣にある「カメハメハボール」も気になる。

f:id:ryoko_shimbun:20170810221643j:plain

オレンジと緑、色違いがあるようだ。

f:id:ryoko_shimbun:20170810220219j:plain

ガシャポン」も充実している。

f:id:ryoko_shimbun:20170810223310j:plain

「着れちゃうダンボール」の戦闘服も買える。

f:id:ryoko_shimbun:20170810223349j:plain

パネルも豊富だ。

f:id:ryoko_shimbun:20170810223545j:plain

続きは是非会場で!入り口付近をチェックせよ!