旬刊旅行新聞 編集部(公式)

旅行ニュース といえば 旬刊 旅行新聞。旅行業界専門紙「旬刊旅行新聞」の公式ブログ。皆さんが知りたい「旅行業界」「旅行ニュース」をお届けします!お得な”旅”情報も発信!

〈最新 旅行ニュース〉

「とやま移住旅行」の参加者を募集! 実際に移住した先輩が企画・案内 1泊2日のツアー通じて暮らしや仕事を体感

2017年9月25日(月) 配信

f:id:ryoko_shimbun:20170925164657j:plain

富山市の後方に広がる立山連邦(イメージ)

富山県は、富山での暮らしと仕事を実際に体感してもらう1泊2日のツアー「とやま移住旅行 Vol.2」を、今年10月と来年2月に2回ずつ(計4回)開催する。富山への移住を考えつつも「なかなか決定打を得られていない」と感じている人が対象。現在、公式サイト(http://welcome-kitekite.jp/)で参加者を募集している。【鈴木 克範】

 

 「とやま移住旅行」は、今年2-3月に3週連続で初めて開催した。「実際に富山に移住した先輩たちが企画して案内するので、移住前後の思いや今の状況などをざっくばらんに話しながら巡ることができた」など、参加者から好評を得たという。

 ツアー第2弾では、「とやまのヒトと企業巡り」「とやまの食と農林水産業」をテーマに、富山市高岡市のほか、朝日町や魚津(うおづ)市、砺波(となみ)市、小矢部(おやべ)市など、訪問先やガイド役も前回以上に充実させて開催する。四季の中で最も彩り鮮やかな実りの秋、そして厳しい寒さや雪を体験しつつ日本海の幸を楽しめる冬、それぞれの季節の暮らし方を体感しつつ、富山の人情味あふれる魅力的な人たちに会うことができる体験ツアーだ。

 参加費は各コースとも1万円(税込み、1日目昼食・夕食、2日目朝食・昼食、宿泊費、体験費、県内移動費、保険料込み、富山までの旅費交通費は各自別途負担)、定員は各コース15人。

welcome-kitekite.jp

とやま移住旅行Vol.2概要

f:id:ryoko_shimbun:20170925164920j:plain

【第1回】

テーマ:とやまのヒト、イマ、企業 くらし・しごとツアー

期 間:2017年10月14日(土)-15(日)

定 員:15人  (最低催行人数5人)

料 金:10,000円(税込)/大人1人

目的地:宿泊&住民体験の地 ⇒富山市中心市街地エリア)

    ミッション&散策の地⇒1日目は富山市中心市街地エリア、2日目は岩瀬(いわせ)または呉羽(くれは)エリア(どちらかを選択)

締 切:10月9日(月)先着順(県外在住の方優先)

【第2回】

テーマ:農+食 とやまのさとやま くらし・しごとツアー

期 間:2017年10月28日(土)-29日(日)

定 員:15人(最低催行人数5人)

料 金:10,000円(税別)/大人1人

目的地:宿泊住民体験の地⇒富山市(大長谷エリア)

    ミッション&散策の地⇒1日目は富山市大沢野(おおさわの)・大長谷(おおながたに)エリア、2日目は大長谷・八尾(やつお)エリア

締 切:10月23日(月)先着順(県外在住の方優先)

【第3回】

テーマ:とやまのモノ、マチ、伝統 くらし・しごとツアー

期 間:2018年2月3日(土)-4日(日)

定 員:15人(最低催行人数5人)

料 金:10,000円(税込)/大人1人

目的地:宿泊&住民体験の地⇒高岡市(中心部)

    ミッション&散策の地⇒1日目は高岡市、2日目は小矢部(おやべ)市・砺波(となみ)市・南砺(なんと)市

締 切:1月29日(月)先着順(県外在住の方優先)

【第4回】

テーマ:農+食 とやまのさとうみ くらし・しごとツアー

期 間:2018年2月24日(土)~25日(日)

定 員:15人(最低催行人数5人)

料 金:10,000円(税込)/大人1人

目的地:宿泊&住民体験の地⇒魚津(うおづ)市(中心部)

    ミッション&散策の地⇒1日目は魚津市(漁港・中心部)、2日目は朝日町(蛭谷(びるだん)・泊(とまり)エリア)

締 切:2月19日(月)先着順(県外在住の方優先)

「とやま移住旅行」8つの特徴

(1)対話型ツアー

移住の先輩たちがガイド役を務めるので、地域の事情や雰囲気、最新の動向などについてもざっくばらんに語り合える。

(2)組み替えあり

要望によって体験内容が変えることができる。少人数のグループに分かれての行動がメインとなるため、参加者の好みや要望に合わせて、巡る場所やガイドを選び、組み替えられる。

 (3)自由時間あり

自由時間や散策する時間がある。本ツアーは、出発地から目的地までの「移動」の時間も大切にしている。街並み散策などはあまりコースを決めずに、参加者が自分の直感で自由に動ける時間を設けている。

(4)ミッションあり

限られた時間のなか、主体的に人や地域と関わりをもってもらうため、地元の人や他の参加者と“何か”をすることを行程に盛り込んだ。簡単なミッション(課題)を設けて、「インプット」ばかりではなく「アウトプット」も行えるようにしている。

(5)じっくり話せる

人の目を気にせず相談できる。大人数だと、空気を読んでしまい、なかなか聞けないことも。今回の旅は、少人数でホンネに迫れるよう、話せる時間と場をたくさん用意している。

(6)移動最小・密度濃厚

範囲は小さく、密度濃く人に会う。移動範囲はコンパクトに、時間を節約する分、さまざまな人と出会える工夫をしている。

(7)先輩と巡る

先輩移住者と一緒に巡る。キラキラ素敵に暮らす話だけでなく、苦労談や裏話も知りたい。そんな声に応えるため、先輩たちの日常も垣間見れるような巡り方をする。いい意味でボロも見えるツアーだ。

(8)甘える人をつくる

頼れて甘えられる人をつくる。移住者の先輩たちはもちろん、地域の世話役のように顔が広く面倒見のいい人や、孤高の仙人のように精神的な支柱になりそうな人、似たような感覚を持っていて友達になれそうな人など。「ここに来て大丈夫」と思える人との出会いも取り持つ。

ツアーの詳細・申込み

welcome-kitekite.jp

f:id:ryoko_shimbun:20170925164936j:plain

「永谷園 お茶漬け風呂」が、箱根小涌園ユネッサンに期間限定で登場 箱根小涌園ユネッサン×永谷園

2017年9月30日(土)~11月30日(木) 開催

f:id:ryoko_shimbun:20170925150914j:plain

永谷園 お茶づけ風呂」が誕生 箱根小涌園ユネッサン×永谷園

箱根小涌園ユネッサン(慶野光市支配人)は9月30日(土)から、「永谷園 お茶漬け風呂」を期間限定で提供する。お茶漬けやふりかけを製造する永谷園(飯塚弦二朗)とコラボしたもの。【謝 谷楓】

 

 2016年、箱根を訪れ、宿泊した外国人観光客数は約46万人。前年比22・4%の増加で、好調に推移している。箱根小涌園ユネッサンが提供する「永谷園 お茶漬け風呂」は、外国人観光客に「お茶漬け」と「お風呂」双方を楽しんでもらうのが狙い。永谷園(飯塚弦二朗社長)監修のもと、お茶漬けの色と出汁(香り)をイメージした、ユニークなオリジナル入浴剤を開発した。

アンチエイジング効果も期待できる「お茶漬け風呂」

 香りは出汁をイメージしつつ、マコンブエキスやウメ果汁エキスなどの美容成分も配合し、血行や代謝促進効果を期待できる。保湿効果が高く、しっとりとした風呂上がりを楽しめる。なお、「永谷園のお茶づけ」本品は一切使用していない。

オープニング記念イベント

 2017年10月8日(日)には、「永谷園のお茶づけ」でおなじみの隅取デザインを施した「歌舞伎フェイスパック」を配布し、着用しながらの入浴風景をSNS(交流サイト)で配信する。

www.yunessun.com

九州周遊旅行をより便利に ジェットスター・ジャパン東京(成田国際空港)―宮崎線開通 

2017年9月25日(月) 配信

f:id:ryoko_shimbun:20170925164403j:plain

宮崎に向けて新たな航路を開設

ジェットスター・ジャパンが12月21日(木)、1日1往復2便で、東京(成田国際空港)―宮崎線を開設する。このほど、航空券の販売を開始した。 【後藤 文昭】

 

 年間を通じて温暖な気候と南国ムード溢れる宮崎県。県内には神話の舞台である高千穂やご当地グルメのチキン南蛮など、魅力が沢山詰まっているほか、プロ野球のキャンプ地としても有名。すでに同社は、福岡空港と大分空港、熊本空港、鹿児島空港への便も就航しており、九州周遊の旅行により便利に利用できるようになるとしている。

2017年12月21日~2018年3月24日 運行スケジュール

成田→宮崎:

 GK633 午前11:30(発)―午後1:40(着) 所要時間2 時間 10 分

宮崎→成田:

GK634 午後2:20(発) ―午後4:00(着)所要時間 1 時間 40 分

※木曜日は 午後2:15→午後3:55 で運航

片道運賃:

5,990 円~(税込)

なお、東京(成田)―宮崎線の販売については、関係当局の申請および認可を前提としており、運航スケジュールが変更となる可能性もある。また、各路線の運航スケジュールや運賃については、ジェットスターのホームページを確認。

www.jetstar.com

映画「君の名は。」の制作会社がオリジナルアニメを制作、冬のカナダをPR。アニメ内のキーワード「○○○○○、冬カナダ」に答えるとカナダ旅行が当たる

2017年9月25日(月) 配信

f:id:ryoko_shimbun:20170925170259j:plain

冬のカナダへ(画像はイメージ)

カナダ観光局は2017年9月20日(水)から、カナダの情報を集めたポータルサイト「カナダシアター」で、「あったかい、冬カナダ キャンペーン」を始めた。今後3年間にわたり、CPを通じて冬のカナダを積極的にプロモーションする。【平綿 裕一】

 

 映画「君の名は。」を制作したコミックス・ウェーブ・フィルムのオリジナルアニメ動画(30秒)を通して、カナダの冬の素晴らしさを伝える。動画では、「冬の絶景」「街歩き」「自然アクティビティ」「人々との触れ合い」など、冬のカナダならではの“あったかい”楽しみ方を、美しいアニメーションで紹介。合わせて冬のカナダ旅行などがあたるオープンCPも実施する。 

アニメーションのストーリー

 “社会人5年目の宮城ユウヤは、落ち着いていて物静かだが、バックパッカー旅を好むなどアクティブな一面を持ち合わせている。彼女の香味サツキは、社会人2年目、ユウヤの大学の後輩。多忙な毎日を過ごしている。そんなサツキのリフレッシュのため、今回ユウヤは初めてサツキを誘って、お気に入りの国、カナダへ旅に出る。2人が冬のカナダで出会ったもの。それは、楽しくて、何もかも想像以上で、きれいで、あったかかった。”

「あったかい、冬カナダ」キャンペーン概要

名称:「あったかい、冬カナダ」キャンペーン

期間:2017年9月20日(水)~11月30日(木)

内容:冬カナダを舞台にしたアニメ動画の最後に登場する以下のキーワード5文字「「○○○○○」を答えて、応募フォームから申し込む。抽選で1組2人を冬のカナダ旅行へ招待する。 

クイズ:「○○○○○、冬カナダ」

www.canada.jp

抽選で当たる賞品一覧

A賞:

冬のカナダ旅行(1組2人)…おすすめツアー情報の中から気になるツアーとして選んだもの。

B賞:

ガイドブック「ことりっぷ」(5人)…冬のカナダ旅行に便利な、四季折々の情報満載のガイドブック。 

C賞:

イヌクシュクペンダント(5人)…先住民が幸運と富をもたらすと信じていた、カナダ特産石B.C.ジェードのペンダント。

D賞:

Sajeアロマグッズセット(5人)…カナダ発、100%オーガニックハーブを使用したアロマプロダクト。

スポーツの秋に京都タワー階段のぼりはいかが?年2回だけの特別イベント「京都タワー階段のぼり2017 秋」開催

2017年9月25日(月) 配信

f:id:ryoko_shimbun:20170925163616j:plain

階段を登りきり秋空の京都の街並みを眺望しよう

 

京阪ホテルズ&リゾーツ(稲地利彦社長、京都市下京区)が運営する京都タワーで、2017年10月8日(日)、9日(月・祝)の2日間「京都タワー階段のぼり2017 秋」が開かれる。【松本 彩】

 

 1年に2回だけ一般向けに開放される京都タワー塔体内のらせん階段を登る同企画では、同タワーの白い塔体部分(約50㍍)に設置された全285段のらせん階段を歩いて登る。体力の限界を超えて、らせん階段を登りきった人には、「階段のぼり認定証」が各日先着700人にプレゼントされる。

京都タワー階段のぼり2017 秋 企画概要

開催日時:2017年10月8日(日)・9日(月・祝)

午前11:00~午後5:00(最終受付)

受付場所:京都タワー展望室1階(京都タワービル11階)

※階段のぼり参加には、展望入場券が必要

f:id:ryoko_shimbun:20170925163641j:plain

2016年開催時の階段のぼり認定証

参加特典:

踏破者には「階段のぼり認定証」プレゼント!

※同イベント限定で、ゴール地点で各日先着700人

※認定証配布終了後も、最終受付時間までは参加可能

リピーター特典を用意

 過去の「階段のぼり認定証」を持参した人には、「たわみくじ」1回無料&「たわわちゃん絵馬」を1枚プレゼント!絵馬は、展望室5階にあるパワースポット「たわわちゃん神社」に奉納することができる。

※ゴール時に、持参した過去の認定証を展望スタッフに提示

※認定証を複数枚持参の場合でも、特典の配布は、1人1枚、1回限り

■関連イベント

 展望室5階(最上階)で京都タワーと縁のあるアーティストによる日替わりミニライブを開催!

2017年10月8日(日)午後2:15~/午後3:30~各15分

 京都タワーの公式PRソングを歌う「フラリーパッド」によるミニライブを開催。どちらの回も、1曲目にはおなじみの『京都タワーにのぼって』披露し、京都タワーマスコットキャラクターたわわちゃん」も登場。また、午前11:30からは「フラリーパッド」の2人も階段のぼりに挑戦!ファンと一緒に、285段踏破を目指す。

2017年10月9日(月・祝)午後2:05~/午後3:05~各15分

 元「TAWAWA KIDS DANCERS」のメンバーで、現在ダンス&ボーカルグループ「SunRisa(サンリーサ)」として活躍中の2人が登場。「たわわちゃんのみんなしあわせダンス」ほかを、「たわわちゃん」とともに披露する。また、午前11:30からは「SunRisa」の2人も階段のぼりに挑戦!285段踏破を目指す。

※両日とも、イベントへのご参加には、展望入場券が必要。

※「たわわちゃん」は階段のぼりの予定なし。